So-net無料ブログ作成
検索選択

清水までの交通手段を考える [旅]

というわけで、清水遠征をどういう方法で行くか考えてみた。

 

3月1日からは〝アウトソーシングスタジアム日本平〟から〝IAIスタジアム日本平〟とネーミングライツによって名称が変わる日本平スタジアム。マリノス戦が〝IAIスタジアム〟としてのこけら落としとなる。ちなみに〝アウスタ〟としてのこけら落としも09年の第2節マリノス戦で、この時は0-0のスコアレスドロー。試合終了後、スタジアムから見た富士山がやたらときれいだったことを覚えている。

 

まずは電車で行く方法なのだがだが、考えられるのは〝青春18きっぷ〟で東海道線をひたすら行くか、私鉄と〝休日乗り放題きっぷ〟を組み合わせて行くかである。

 

IMGP9794.jpg

〝青春18きっぷ〟での清水までの行き方は簡単。JR東海道線でひたすら清水駅を目指すのみだ。所要時間は横浜発で2時間半程度。清水駅からバスでスタジアムまで行くことになるが、キックオフ3時間前からは東口(港側)のバス乗り場からシャトルバスが出ている。予算は18きっぷ1回分2,300円+シャトルバス往復600円で計2,900円。格安だが他に18きっぷを使う予定があるか、または1枚残しの18きっぷを入手する必要がある。

 

続いて、これもポピュラーなのだが〝休日乗り放題きっぷ〟を使う方法。休日乗り放題きっぷとは、東海道線の熱海~豊橋。御殿場線の国府津~沼津。身延線の甲府~富士の普通列車に乗り放題という乗車券だ。横浜から熱海まで行き、そこからこの乗車券を使うというのがシンプルだが、横浜~熱海間で1,280円もかかってしまいあまり旨味がない。そこで使うのが御殿場線だ。まず横浜から私鉄で小田急線の新松田駅を目指す。相鉄で海老名、小田急で新松田と乗り継いで660円。そこから徒歩で目の前のJR松田駅まで歩き、御殿場線で沼津、そこから東海道線で清水という行き方だ。これならば熱海経由よりも往復で1,240円も安い。所要時間は3時間20~30分程度。休日乗り放題きっぷ2.600円+私鉄往復1.320円+シャトルバス往復600円で計4.520円。ちなみに、御殿場線は箱根の山中を抜けてゆくので車窓の風景はなかなか楽しい。天候次第ではあるが御殿場付近ではきれいな富士山を見ることもできる。

 http://railway.jr-central.co.jp/tickets/topics/convenience/aozora-free-holiday/

 

一方今度はバスを使った行き方。

 

がしかし、なかなか適当なのが無くて例えば、東京駅から日本平のふもと、日本平運動公園入口まで行ってくれる〝しみずラ イナー〟は、到着時間的にキックオフに間に合わない。

 http://www.justline.co.jp/kousoku/tokyo_shimizu.html

 

使うとしたら新宿静岡を結ぶ〝駿府ライナー〟 の早い便だろう。片道2.450円。ちなみに静岡駅からスタジアムまでのシャトルバスは片道600円だ。

http://www.justline.co.jp/kousoku/shinshizuoka_shinjuku.html 

 

というわけで、かなり良さげなのがオフィシャルアウェーツアーなんじゃないかと思って見てみたら、ありゃ、受け付け終わっとる。

 

となると、『オレンジエクスプレス』なんてのもあるんだが、果たしてマリサポは乗れるんだろうか(笑)?

http://www.s-pulse.co.jp/guide/tour/index/

 

IMGP9797.jpg

まあ、新幹線が一番快適なのは間違いないですが、安く旅を楽しむにはこんな方法もあるってことで。

 

さて、次何やろう? 2回でネタ切れです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。