So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥栖遠征を振り返る その1 [旅]

大人な試合運びで見事勝ち点3ゲット! なうえに夜の中洲やラーメンも満喫で来た素晴らしい遠征だったのだが、僕的には今回初めての方法で福岡入りした。きっと大分遠征の時にも役に立つと思うので書き留めておこう。

 

さて、初めての方法とは何か? というと、話題の格安航空・LCCである。チケット手配の段階から、〝エーシーエル〟だ〝エルエルシー〟だ言っていて、飛行機に乗り込むまで大変不安だったのだが何とか行って帰って来れたわけで。

 

まず、今回僕が利用したのはLCCの中でもメジャージェットスターだ。あとから考えたらANA系のエアアジアにしとけば良かったというのもあったのだが、それに気づいたのは、帰路の成田到着時で時すでに遅しだった。肝心のお値段だが成田-福岡便で片道5.705円。僕はビビって機内持ち込み手荷物の重量+5kgを申し込んでしまったので往復で2.000円追加になったのだが結局これは不要だった。それでも税金やシートの追加料金込みで往復総額14.880円。手荷物追加が無ければ12.880円で収まったはず。これならば、学生でもちょい無理すれば手が届くのではないだろうか。ちなみに、予約は全てネットからできて難しいことは特にない。

 

ジェットスターを使うにあたってまず問題だったのが、早朝の出発時刻にいかに成田に着くかだった。僕が予約した便は、7:15成田発で30分前の6:45までにチェックインせよとのこと。一番早い行き方で渋谷5:27発でJR、京成スカイライナーを乗り継げば6:39に空港第2ビル(ジェットスターの搭乗口がある駅)着とギリギリなのだが、せっかくの格安航空使用なのに特急料金1.200円は惜しい。ちなみにこの行き方だと、渋谷-空港第2ビルで総額2.590円。例えば5:04横浜発でも6:39に空港第2ビルに着けるのだが、片道2.880円もかかってしまう。

 

そこで僕が使ったのが、その安さで注目されている東京シャトルの早い便だ。これは、東京駅と成田空港を片道980円で結ぶバスで、僕が使ったのは東京八重洲口前1:30発~成田空港第2ターミナル前3:35着という便。というわけで、家から東京駅行きの終電でバス乗り場に向かうと乗り場は深夜だというのに大行列。一応空席があれば予約無しでも乗れるのだが、乗り場の様子を見ると予約はマスト。乗車日1ヶ月前から予約出来るので、面倒くさがらず席は押さえておくべき。

 

IMG_3320.jpg

というわけで、成田空港まで2時間のバス旅が始まるのだが、実は長い行程の中で一番キツかったのがココ(笑)。やはり、早朝の成田への足の需要は高いようで車内は補助席までギッシリ。シート間隔も狭くかなり窮屈だ。運悪く僕の隣が寝相の悪い恰幅の良いおじさんだったので、そりゃもう。おじさんアタマ重いっちゅーねん。まあ、恰幅に関してはお互い様なので強くは言えませんが、僕は寝相は相当良いです。

 

ちなみに、LCC向けの深夜バスは東京シャトル以外にもリムジンバスや京成バスの深夜急行バスなどいろいろあるので便利なものを探してみるといいだろう。

 

といった感じでまずバスは酒々井PAまで1時間半走行。ここで、30分のトイレ休憩となる。というか、トイレ休憩という名の時間調整だな。PAにはスポンサー様の松屋があったので、並盛り1杯ぐらいいっとこうかとも思ったのだが、さほど空腹でもなかったので断念して一服。バスの出発を待つ。で、ほどなくしてバスは酒々井を出発し、30分ほどで成田空港へ到着する。が、ここで予想していなかったイベントがひとつ。空港に入るゲートの所で身分証明書のチェックがあるのだ。実は、成田空港へ入るには身分証明書のチェックが必要で、バスにガードマンのおじさんが乗り込んできてパスポートや免許証をチェックされた。普段、免許証などを持ち歩いている人は問題ないが、免許証を持っていない人は保険証や学生証持って行くのを忘れないように。が、まさか海外旅行でもないのにそんなチェックがあるとは思わなかったよ。

 

がしかし、諸々ありながらも無事成田空港に到着。あとは飛行機の出発を待つばかり! となるのだが、うーん、さすがに4時間近く待つてのはヒマだったな。僕は何時何時でも好きな時間にチェックインできると思い込んでいて、着くなり端末を操作してチェックインしようとしたのだが、「オマエチェックインハヤスギ!」的な英文と、「この券を持ってカウンターへ来い」と書かれた紙が吐き出されてしまいチェックインできず。ジェットスターでは、チェックインできるのが飛行機が飛び立つ2時間前からなのだ。仕方なくチェックイン可能な5:15までベンチに座りまんじりともせず待ち続ける。

 

で特に何もせず1時間半ほど待ってチェックインタイム。ジェットスターでは機内に持ち込める手荷物の大きさと重量に制限があるのだが、手荷物検査でも特に厳しく調べている様子はナシ。ここで、追加重量2.000円也が実は無駄だったんじゃないかという思いが浮かぶが、「ベアスタではお米配るって言ってたでしょ。5kgサイズのお米だったら困るじゃん」などと自分を納得させつつ滞り無くチェックイン完了だ。ちなみに、僕以外にもマリサポさんちらほらいらっしゃいましたが、みんな僕より1便早い6:15発で飛び立ってしまったので少々寂しかったです。

 

が、チェックインを済ますころになると、徐々に搭乗手続きが始まってラウンジも賑やかに。やはり、早朝の搭乗にギリギリの人が多いようで呼び出しのアナウンスも多い。「○○様、○○様、バス搭乗口にお急ぎください。来られていないのは○○様のみになります」といった感じ…。えっ、バスなの? まさか福岡までバスなの?? てなったところで、今日はこのへんで。だってさぁ、中断期間に入ってブログネタ不足が大いに懸念される訳ですよ。うん。

 

というわけで後半へ続く。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

トレック

コメント失礼します

去年の札幌遠征に同じジェットスターを利用しました

たまたま、就航記念特別セールでしたので往復¥7000でした

結局、キックオフ時間が遅くなってしまった為に追加料金で違う便を利用しました


実は大分遠征にまた利用しようかと思っていたのですが、朝早いのをどうしようかと思案していたところでした

とても参考になりました!
by トレック (2013-05-29 19:50) 

だいきち

トレック さん
コメントありがとうございます。

僕も夜行バスにたどり着くまで、成田のマン喫で一泊だとか早朝新宿駅まで徒歩とかいろいろ考えてました(笑

お役に立てて良かったです。
by だいきち (2013-05-30 10:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。