So-net無料ブログ作成
検索選択

10年

開幕の朝だというのにSKY麺にしようかチキンライスにしようかが最大の悩みどころなどと、われながら呑気だなぁと思うわけだが、何はともあれ本年もよろしくお願い申し上げるであります(ケロロ軍曹)。

 

さて日産自動車が横浜国際競技場のネーミングライツを買い〝日産スタジアム〟となったのがちょうど今から10年前の2005年。ついでに、僕がスタジアムに通い詰め出してからもちょうど10年。なんでこんなことを思い出したかといえば、福西の神の手ゴールから10年なんてツイートを見かけたからなんだけれど、それが2005年の開幕戦でのこと。ちなみにその前に前年王者だったマリノスがヴェルディと対戦したゼロックス杯が日産スタジアムとしてのこけら落としで、僕はその時配られた記念コインを持っている。

 

TS320012.JPG

というわけで、10年間優勝していないわけですよ。余計な話だが、天敵・大宮がJ1に昇格してきたのも05年。危うくNACK5で勝つことなく逃げられるところだったのだ。思い返してみれば、連覇という絶頂期からひたすら右肩下がりでそれでも2010年あたりからは徐々に希望が見え出しというそんな10年だった気がする。日産スタジアムのネーミングライツだって危うかったわけだしね。そんな感覚は、多分僕よりもずっと長くマリノスを応援している方々も感じていたのじゃないだろうか。(写真は06年最終節の大宮戦。それまで携帯カメラ付いてなかったんだから時代を感じるな)

 

かといって、その10年間がつまらなかったかといえば全然そうではなくて、むしろ停滞した時期があったからこそ今があって、開幕戦で4万人を集めるところまで来ているんだと思う。そして、僕の10年なんて全く関係なく、マリノスは新たな時代に突入しようとしているのだ。

 

今オフ、まったく動きがなくサポーターをカリカリさせたマリノスだが、最後の最後にビッグサプライズが飛び込んできたのは皆さんもご存知の通り。その背景には、昨年から経営に参画しているシティグループの影響が語られ、また日本法人設立から身売り話まで飛び出している。きっと今年はマリノスが変わってゆくスタートの年となってゆくのだ(チーム名とかチームカラーの話じゃないよ)。

 

今年、Jリーグ的にも通年制から2ステージ制へと再移行し、こちらもまた大きな変化を迎える。願わくば、この先10年の一区切り横浜F・マリノスは主役であってほしいし、そうじゃなければいけないと思う。僕がそこに関われることは、スタジアムに通うことしかできないんだけれど、けれども僕はスタジアムに通うことができる。

 

まあ、なんか取り留めのがない上に自分語りという大変こっ恥ずかしいエントリになってしまいましたが、僕は今から日産スタジアムに行くのです。

 

ではでは!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。