So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の楽しそうなことをオフィシャルサイトでチェックする/浦和編 [イベント]

日刊の〝ビール半額〟という誤報にはまんまと釣られてしまったわけだが、オフィシャルサイトを見れば他にも楽しいことがあるかも? ってことで一応チェック

 

が、やっぱりホーム向けの企画ばかりで我々ビジターサポが楽しそうなものは見当たらないやね。ちぇ、ビール半額にしやがれ!

 

となると、もうグルメしか無いのだけれど埼スタはビジター完全隔離な上に再入場も不可能なので、南広場のグルメゾーンでグルメを楽しむといった感じになると思う。駒場ラーメンとかちょっと気になるけど、なかなか立派なお値段で。

 

ちなみにレッズバーだが、今回は浦和の初代監督・森孝慈さんの命日を偲び〝森酒場〟と銘打たれている。森さんといえば’95~97年にマリノスのGMを務めたゆかりのある人でもある。

 

さて、やっぱり浦和らしく一番の楽しいことはサッカーてなスタンスの今夜のリーグ戦なのだけれど、F・マリノス的には大宮戦に続き優勝争いに食らいついてゆくための大一番。相性の良いスタジアムでああるが、決して簡単なゲームにはなるまい。むしろ、好勝負の予感プンプンだよな。実に楽しみです。

 

ではスタジアムで会いましょう。アディオス!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

横浜F・マリノスVS大宮アルディージャ [J1リーグ]

まだシーズンも半ばではあるが、現在首位を走る〝強い方のさいたま〟こと大宮アルディージャとの1戦は、優勝争いに食らいついてゆくためには絶対に負けられない大一番だった。約3万人が駆けつけたこの試合は、『民衆の歌』にも盛り上げられたのか、選手たちのプレーとスタンドの熱気が混ざり合う素晴らしい雰囲気のものとなった。

 

●試合データ

http://www.f-marinos.com/match/data/2013-07-13

 

特に意味は無いのだが、いつもの東横線コースではなく田園都市線から市営地下鉄というコースで向かった日産スタジアム。地下鉄で話しかけてきたオバちゃんは、娘さんが水沼宏太と同級生だったそう。地元というだけで気にかけてくれるんだから、地元出身の選手て大切だよね。

 

そんなことを考えながらたどり着いた日産スタジアムは、様々なイベントが用意されていたせいかとても賑やかだ。そんな賑やかさの中で覚える妙な違和感。オレンジとおぼしきサポの背中に〝無敗大宮〟の誇らしげなプリントが。僕らの大の苦手な大宮ってこんな感じだったっけ?

 

その違和感は、スタジアムに入場してからも続が、く。ピッチの向こう側には、いつものように控えめにではなく、自信たっぷりにスタンドに陣取るオレンジの固まりが。そしてスタジアムに響く彼らの歌? やっぱり僕らの苦手な大宮とはどこかが違う。

 

さて試合だが、F・マリノスのベストメンバーに対し、大宮はここまで好調のチームを牽引してきたスロベニアン2トップが不在。しかし、このマリノスとこのチームとの相性はメンバー云々のレベルではないので少しも気は抜けない。

 

がキックオフすると、いきなりF・マリノスが大宮を圧倒する。前の週末に大阪で無様な試合を見せたチームの面影はそこには無い。高い位置で取り囲むアグレッシブなボール奪取やセカンドボールを拾っての波状攻撃で大宮を攻め立てる。このF・マリノスらしいアグレッシブな守備は当然運動量があって成り立つもので、当然消耗だってするだろう。しかしF・マリノスはオーバーペースを心配させるほど走り、素晴らしいサッカーを見せるのだ。

 

鹿島と戦ったナビスコ杯2ndレグから、ちょっとした変化があった。それは、守備ブロックを組んでカウンターを狙うようなシーンが垣間見れていたこと。鹿島戦は成功したものの、C大阪戦ではそれが上手くいかなかった。

 

がしかし、大宮戦での守備はC大阪戦から大きく変わっていた。ボールにアタックする位置が、C大阪戦のそれに比べ明らかに高い。また中盤もコンパクトに保たれ選手同士の距離感もいい。なので、面白いように大宮からボールを奪い反撃を許さないのである。

 

前半22分にゲームが動く。中で3人引き連れてキープする俊輔からサイドの学へ。学から、走り込んできたマルキにピンポイントクロス。個人技とコンビネーションが融合したきれいな得点だ。

 

そして圧巻だったのが前半36分。右サイドでボールを受けた学が中へカットイン。スライドしながらシュートコースを塞いでくる相手DFを横にかわし隙間ができるや縦に突破。そのままゴールにきれいに流し込む。大宮DFの守備にこれといったミスは無い。完全に個人技だけでもぎ取ったゴラッソだ!

 

このワールドクラスの一発で勝敗は決した。後半、マリノスは引いてカウンターを狙うモードでロスタイムに1失点はしたものの首位を走る大宮を相手に完勝してみせた。欲を言えば前半のペースのまま、完膚なきまでに叩きのめして欲しかったところだが欲張り過ぎだろうか。それが出来ていれば、今後大宮が調子を崩しかねないような強さを前半は見せていたと思うのだが。

 

ともかく、素晴らしく嬉しい勝利だった。それは、連勝すれば連敗もするF・マリノスが、アグレッシブな守備というベースに立ち帰りズルズルと連敗しなかったこと。そして、みんなが走って首位チームからもぎ取った勝ち点3であるということだ。

 

この日の大宮はいつもの大宮と違っていたが、実はF・マリノスもいつもと違っていた。正確に言えば日産スタジアムのスタンドなのだが、この日に限っては隅々まで〝立ち見自由席〟といった雰囲気はまるで無く、完全に〝戦うゴール裏〟といった雰囲気。こんな雰囲気の試合年に何回あるだろう? 本当に素晴らしかったよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

オフィシャルサイトで今日の楽しそうなことをチェックする [イベント]

一昨日大阪から帰って来たばっかだというのに、もう僕たちのホーム・日産スタジアムでリーグ戦である。1分け1敗というリスタートに若干悲壮感が漂い始めたものの、クラブは週末のリーグ戦を楽しんでもらおうと色々準備をしてくれている。ならば楽しまなきゃってことで、オフィシャルサイトチェックだぞ。

 

さて、今日の大宮戦はエイチ・アイ・エスが冠スポンサーの〝H.I.S Day〟だ。先着10.000名にカッコいいクリアファイルプレゼントと太っ腹。さらに。横浜港発着のクルーズ旅行が当たる○×クイズも開催とのこと。H.I.Sブースで整理券をもらおう。

 

続いてガチ丼!。こちらはガチ丼!にエントリーされている丼の中から7種類を発売。どれも美味そうなうえ、ワンコインでリーズナブル。先着1.000名にプレゼントというクリアファイルも注目。こちらは、F・マリノス、ガチ丼、週刊少年チャンピオンのトリプルコラボ。学、仁、優平のユース3人組のイラストがチャンピオンの人気作と一緒に丼持って登場と、これはアツ過ぎる。どこかのクラブでやっていたナントカまんが祭りにだって負けてない。ちなみに、『囚人リク』は超面白いよ。

 

さらに、トリコロールステージには『獣電戦隊キョウリュウジャー』が登場。大抵デーボモンスターが現れるのは味スタか埼スタだが、今回は我らが日産に! Jのマスコットとコラボダンスとのことだけど、これも楽しみだね。

 

一方、マンダムブースでは商品体験コーナーも。また、入場ゲートで試供品2万個を配布とこちらも見逃せない。みんなでデオドラントしてチャールズ・ブロンソンみたいになろう。うーん、マンダム。

 

まだまだ一杯あるのだが、きりがないので最後に民衆の歌を。これは『レ・ミゼラブル』のキャストが生で『民衆の歌』を歌うというもの。歌詞入りの団扇が配られるとのことなので、全力で歌おう!

 

さて、景気悪い話が飛び出す中、優勝争いに食らいついていくためには負けられない大一番ですが、集客企画の集大成じゃないかってぐらいイベントを詰め込んだクラブ的にも失敗できない大一番の今日だと思います。試合前は美味しいもの一杯食べて、ステージを楽しんで、お土産一杯もらって、そして試合が始まったら思う存分盛り上がったらいいと思うんです。それが、クラブのために僕たちが出来ること。今日も楽しく行きましょう!

 

では、スタジアムで会いましょう。アディオス!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

オフィシャルサイトで今日の楽しそうなことをチェックする/C大坂編 [イベント]

今年からビジター側にも座席が設置されトイレも新しくなったキンチョウスタジアム。新しいトイレの使い心地が楽しみだが、オフィシャルサイトを見ればもっと楽しみなことも見つかるかも? ってことで恒例のチェックだぞ!

 

IMG_2448.JPG

と書き始めてはみたものの、ざーっと見た感じホームサポ向けのイベントがほとんどで、我々アウェーサポが楽しそうなのは無いなぁといった印象。唯一、『世界大恐竜展』のマスコット・ティララ来場ぐらいだろうか。マッチデープログラム提示で先着300名(中学生以下限定)に恐竜フィギュアプレゼントとあるので、恐竜好きなキッズは『大恐竜展ブース』へGO!だ。ちなみに、この『世界大恐竜展』かなり楽しそうなのだが、13日スタートのこと。観に行けないじゃん、ちぇっ。しかし、最近のティラノは毛が生えているんだね。尻尾をべったり地面に付けた直立ゴジラ状態の、我々『ボーンフリー』世代のティラノとは隔世の感である。

 

となったらグルメだろ! と、オフィシャルのスタジアムグルメを見てみると、レベル高いじゃないですか。多分掲載されているもの全部が出店ということは無いと思うが、キンチョウは再入場可能なので、場外のフードパークで食いまくったろうと思ってます。

 

さてさて、リスタートの大分戦がちょっと微妙でここから上位チームとの3連戦てことで、絶対に負けられない感が出ちゃうのも当然なのだが、まだまだ順位表見て一喜一憂するような時期じゃないと思います。多分秋口ぐらいまでは楽しくサッカーでいいんじゃないかな。ミッドウィークの遠方アウェーで、なかなか現地観戦てわけにもいかない人も多いと思うけれど、サッカーパブで一緒に見ましょうみたいな呼びかけなんかもあるので、行ってみてはいかがでしょうか? スポンサー様のHUBもあるしね。

 

ではでは、スタジアムで、サッカーパブで会いましょう。アディオス!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

横浜F・マリノスVS大分トリニータ [J1リーグ]

1ヶ月ぶりのリーグ再開の相手となるのは、昇格プレーオフを勝ち上がりJ1昇格してきた大分トリニータだ。現在、最下位に沈むトリニータだが、横浜F・マリノスは彼ら、そして思わぬ難敵に苦しめられることになる。

 

●試合データ

http://www.f-marinos.com/match/data/2013-07-06

 

この試合に大きく影響を与えた難敵とは、終始ビジターゴール裏からホームゴール裏に吹く強風だった。

 

IMGP0085.JPG

前半、F・マリノスは風下でキックオフ。マリノスは、思うようにボールを前に運べず苦しい立ち上がりだ。一方大分は、鋭いカウンターを度々仕掛ける。試合が動いたのは前半31分。大分の風を見方にした鋭いアーリークロスに強化指定選手として大分に加わったJ初出場の松田がドンピシャヘッド。敵ながら素晴らしいコールだ。一方、マリノスとしては守備の対応に集中力を欠いたのが悔やまれる。F・マリノスは1点ビハインドのまま前半を終える。

 

そして後半、風上に立ったF・マリノスは猛攻に出る。後半6分、CKからのこぼれ球をペナルティエリア外で待ち構えていた兵藤がきれいなミドル。この後半早々の同点劇でF・マリノスは勢いを増す。大分をゴール前に釘付けにし、セットプレーに次ぐセットプレー。逆転は時間の問題かと応援もヒートアップする。しかし、後半だけで12本あったCKのチャンスをものに出来たのは兵藤の1点のみ。悔しいドローとなった。

 

悔しい部分がいっぱいあるドロー劇だった。まず強風。これはどちらのチームにも影響が出るものではあるが、正確なプレーが難しくアクシデントが起こりやすいぶん、運の要素が入り込む余地が増えるとも言える。この日のトリニータの先制点は風が味方したした素晴らしいものだったのに対し、F・マリノス的にはセットプレーに風の影響は少なく無かったように思う。こんな事を言うのは負け惜しみで嫌なのだが、この日のF・マリノスにはツキが無かった。

 

さらに、特に後半相手を攻め立て何度もチャンスをつかんだものの結局ゴールを奪えなかった点だ。僕的には同じ三ツ沢で行われたナビ杯大宮戦と同じ感覚を覚えた試合だった。攻め立てるうちに、相手DF陣やキーパーがリズムに乗ってしまうという難しさはあったのだが、勝ちきれないもどかしさはいかんともし難い。

 

がしかし、ゲーム展開的には後半すぐに追いつき悪く無かったし、終盤ちょっと焦ったようなプレーがあったのは残念だったが内容的にはまったく悪く無かった。冷静に見れば、悲観するような試合では無い。モヤモヤは残るもののね。幸いなことに、明日は(というか今日か)は、もう試合である。ここでしっかり結果を出せばこのモヤモヤは消えるだろう。そして僕が出来るのは、応援を頑張ることだ。

 

※ナビ鹿島戦をすっ飛ばしての大分戦でどうもすみません。ただサボっていて更新してないってんだから困ったもんです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

オフィシャルサイトで今日の楽しそうなことをチェックする [イベント]

ナビ杯2試合があったとはいえ、いよいよリーグ再開である。中断期間を経て、各チームにどんな変化が起きているのか? それがリーグにどう影響するのか? と興味は尽きないところだが、待ちに待ったホームゲームをより楽しくってことでオフィシャルサイトで今日の楽しそうなことをチェックだ。

 

IMGP4608.JPG

まずサイトのトップにいるのは、七夕限定ガチャだ。限定2.000個でその中に150枚のアタリ券が入っている。アタリを引いたなら、8/1に行われる神奈川新聞花火大会をマリノスタウンから観られるのだ。頑張ってアタリを引いて女子を誘え! あ、ちなみにガチャに入っているのはパワーストーンストラップだと。なぜそっちの写真が無いのか(笑)

 

続いて、選手が書いた七夕の短冊の展示。俊輔の比嘉さん思いのあの短冊は見られるのか?

 

あと目につくのは、新しいタオマフだろうか? 黒(もしかして深い藍色?)に楷書の金文字が輝くデザインはゴージャスかつちょっとイカツイ系。今年の夏は金文字タオマフでブイブイ言わすぜ!

 

てな感じだが、話変わって大分とやるの久しぶりだなっていう。もうウェズレイもホベルト、エジミウソンもいないけど大分の印象はやっぱり〝手強い相手〟だ。実際、4年前の前回の対戦では負けているわけだし。現状では最下位に沈む彼らだが、降格、巨額の負債に見舞われながらも、力を蓄え昇格プレーオフを勝ち抜いてJ1に戻って来たしぶとさは侮っちゃいけない。中断期間でガラッとチーム状態が変わっている可能性だってある。だからこそ、ナビ杯連勝で勢いに乗るマリノスとの今日の試合がとても良い試合になりそうで楽しみなんですよ。

 

ではではスタジアムで会いましょう。アディオス!

 

※追記 ガチャの〝パワーストーンストラップ〟は〝星に願いをストラップ〟のことのようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。