So-net無料ブログ作成

横浜F・マリノスVS川崎フロンターレ [ヤマザキナビスコカップ]

ついにヤマザキナビスコカップが開幕。昨年は開幕からの不調で半ば早々に諦めざる得なかったタイトルだが、今年はリーグ3連勝をもってカップ戦の戦いへと突入だ。対戦相手は、開幕から調子が上がらないとはいえ気合いが入らないわけが無いお隣・川崎。今季初のニッパツ三ツ沢球技場には、期待感で胸をパンパンにしたトリコロールで溢れかえっていた。

 

●試合データ

http://pc.f-marinos.com/match/data/2013-03-20

 

もう時間が経てしまったので、甲府戦とまとめちゃおうかと思ったのだが「カップ戦軽視だ!」「ベストで臨め!!」と怒られてもアレなので、簡単に川崎戦を。

 

前日から自由席完売と伝えられていちゃので早く行かねばとも思っていたのだが、開門1時間半前でも待機列は通常のナビ杯と比べても2割増ぐらいの印象。大変結構。列で一杯やっていたところ、ウグイス嬢が川崎のスタメン読みの練習(湘南戦で怒られたしね)をしていたのだが、田中ナントカ選手の名前が読めずこちらも大変結構!! なのであった。

 

試合だが、この日は代表選出の栗原が欠場。ファビオの初スタメンに注目が集まる。一方、川崎も中村憲剛が欠場。14番抜きの川崎には負けられないやね。

 

さてさて、キックオフ。試合は終始マリノスペースで進む。注目のファビオも、開始早々ボールタッチがあったが、相手のプレスを軽やかにかわしてのパス出しに場内も沸く。得点こそ奪えないが、失点する気配はまるで無い。

 

IMGP1978.JPG

そして後半、川崎は早くもカードを切り、森谷を投入。かわっさーサポお待ちかねの大ブーイングが鳴り響く。が、ペースは変わらずマリノス。しかし、なかなか得点は生まれない。小林からのアーリー気味の放り込みに、セットプレー残りのファビが合わせあわやというのがあったが、これは川崎GK・西部がファインセーブ。ファビオはセットプレーでもいけるか? がしかし、得点が入らない。残り時間も少なくなり、悪い流れの時ならスタンドの空気もイラつきそうだが、連勝の余裕かトリコロールは自信に満ちている。そしてその直後、先制点が生まれる。右サイドに位置した俊輔がスローインを受けると、立ち塞がる相手2枚をあざ笑うようにクロス。ピョンと飛んだマルキーニョスが見事にネットを揺らす。OH! マルキーニョス!! スタンドは祭り状態だ…。が、主審の家本氏が、そんなマルキに2枚目のカードを提示し、この日の主役がピッチからいなくなってしまった。祭りのOH! マルキーニョス!! が抗議のOH! マルキーニョス!! になってしまったのだが、実は主審の判定はこれで正解。僕も、シャツをかぶったらOUTということを知らず、ついつい大声を出してしまったが、すまん家本。不勉強だった。

 

これを決勝点に、危なげなく試合終了。試合終了後も、OH! マルキーニョス!! だったわけだが、甲府でこれを出来ないのはつくづく残念だ。が、マリノスはさい先良くカップ戦の初戦で勝ち点3を手にしたわけである。

IMGP2039.JPG

最後に、快勝で大変気分が良かったうえにちょっといいなと思ったことを一つ。この日のお隣サポは、気合い入りまくりだったのか、マリノスくん登場でトラメガピーピー鳴らすぐらいのヒートっぷり。行儀は良くないけど、僕はそういうのを待っていたよ。そっちの方が全然楽しいもの。「まぁ、お下品」なんて眉をしかめる人がいるかもしれないけど、受けて立つ方もそれぐらい許す度量があっていいと思うし、要はスタジアムの外に持ち出さなきゃいいだけの話なんだから。観る方、踊る方もプロレス出来なきゃつまんないよ。まあ、大変結構! てことで。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。