So-net無料ブログ作成

鹿島アントラーズVS横浜F・マリノス [ヤマザキナビスコカップ]

カップ戦とはいえ、ついに公式戦が再スタートを切った。ノックアウトラウンド初戦、横浜F・マリノスの相手は前年王者の鹿島である。勝ち方を知る強敵との戦いに多くのサポーターが詰めかけ、狭いサポシアウェイはぎっしり。同時に、トリコロールのエリアにはサッカーがある週末の幸せな空気に溢れている。さあ、ゲーム再開だ!

●試合データ

IMGP9047.JPG
早朝からザックジャパン、というか栗原勇蔵をテレビで応援していたのもあって、実は鹿島まで行くのが面倒だったりしたのだが、開門を30分ほど過ぎてスタジアムに到着すると席は結構埋まっている。もつ煮だハム焼きだと並んでウロウロしていたらやっぱり楽しくなってきて、やはりサッカーのある週末はいいもんだ。

そんな訳で、F・マリノスはザックジャパンで頑張った勇蔵に代わり、ここまで不在を埋めてきたファビオが先発。それ以外はベストメンバーで、十日町キャンプなど中断期間でのレベルアップも楽しみだ。一方鹿島も、新加入の中村の先発が目を引くがこちらもベストメンバーといった様子。とにかくF・マリノス戦で結果を出すジュニーニョもベンチに控えている。

試合開始前、カート・アングルのテーマ曲『I Don't Suck』にのせてF・マリノス選手紹介。続いて鹿島の選手紹介が終わると、あちらのゴール裏にスルスルと出てくる〝Just bring it!〟のビッグフラッグ。ザ・ロックの決め台詞じゃないか。こちらがヒールであちらがベビーフェイスとでも言いたげだ。

その後も、マジシャンの出すハンカチか?! ってくらいビッグフラッグが次々と出され、散々待たされての選手入場だ。

さて試合だが、ここからはいつもとちょっと違う。実はこの試合珍しく録画を見ていて、さらに今年のマリノスをテレビで観るのも今年初めて。正直、スタジアムで観ているのと大分印象が違ったのでそのへんも含めて書いていこうと思う。

まず前半だが、スタジアムでは結構拮抗した展開に見えたのだが、録画を見返すと完全にF・マリノスペースだった。結果を知って観ているからというのもあるのだが、セカンドボールを拾っての波状攻撃という、F・マリノスが意図するサッカーが出来ていた。一方アントラーズのカウンターも鋭くて、度々ゴールを脅かしていたのだが、逆に言えばカウンターしかチャンスが無い状況。F・マリノスの、連動した守備の強さ、寄せや切り替えの速さは想像以上だった。

中でも圧巻だったのは中村俊輔だ。得点となったFKは、サンドに来た相手選手2人を体を上手く使ってのステップでかわして得たもの。美しい弾道を描いてゴールに突き刺さったあの芸術的なFKも素晴らしかったが、ファウルを得たその前のプレーも素晴らしいものだ。このFKで先制したF・マリノスは、その後もカウンターの危険なシーンも哲也のファインセーブでしのぎ無失点で前半を終える。最大のピンチだったダヴィがフリーで吹かした場面だが、シュートコースにちゃんと中町が入っていたので、それが目に入って上隅を狙ったのかな? という感じ。

一方後半も、立ち上がりからマリノスペースだ。相変わらず厳しい守備で鹿島の反撃を許さない。が、後半も30分に差しかかろうとしたあたり、哲也の斯好セーブに阻まれるも、大迫の危険なカウンターから流れをつかみかける。が、その流れを断ち切ったのはマリノスの素晴らしいカウンターだった。ドリブルで持ち上がった俊輔が、絶妙なタメからマルキーニョスへのパス。さらにサイドを追い越してゆく小林にパスが渡り、切れ込んでいったフリーのマルキーニョスへピンポイントのクロスが上がりドンピシャヘッド。決定的な2点目が入る。新婚の小林はこの日も好調で、特にクロスの精度は素晴らしい。前半も、マルキに決定的なのを1本上げていたが、今の小林はフリーで上げたクロスはほぼ狙い通りに上げられているんじゃないだろうか。

終盤、余裕が出たマリノスは無難にゲームをクローズ。アウェーゴール2点の完封勝利とという完璧な結果を手にした。

さてさて、今年初めてのテレビ観戦をしてみての感想は、少々手前味噌ではあるが、「マリノス強いじゃないか」であった。安定した守備はもちろんだが、パスを細かくつなぎながらゴールを脅かすことも数度あって、予想以上の強さを感じさせる試合である。まあ、鹿島はあんなもんじゃないと思うけどね。

一方、テレビじゃ解りにくいこともあって、それが顕著だったのが鹿島のヒールっぷり(笑)。傷んだ選手を目の前にしてもプレーを続けるのは当たり前として、こちらが出したボールは返さないし、返してもタッチラインだしと、そのプレーっぷりにロック様のようなカッコ良さはまるで無かったよ。

というわけで、スタジアムで観て録画で観てというのが良い見方なのかなと今回思った次第である。

2点をとっての完勝といっても、まだまだ前半の90分が終わっただけで勝ち抜けが決まったわけじゃないので、あんまり喜ばないけど週末残り90分をしっかり戦って本当の勝利を喜びたいよね。

ところで、コーンチップもらえた方ていらっしゃったんでしょうか? 僕は残念ながらもらえませんでした。ホームでは、勝ち抜けとコーンチップの二兎を得ようと思っとります。

ではでは。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。